LOG IN

子猫がやってきた

by なかしず

姉家にべるこむがやってきたのは10月末のこと。
姉の職場の人だったかが、保護してきた2匹のうちの1匹なのだそうです。
どこかしらの小屋みたいなところに子猫が1匹だけぽつんといて、母猫もいなかったので、その子を保護したそうです。それが兄弟猫。

べるこむは翌日だったか同じ日だかわからないのですが、同じ小屋の兄弟猫発見場所からちょっと離れたところにぽつんといるところを発見され、保護されたそうです。この辺りは姉から聞いたことなので、ちょっとはっきりしていません。

以前、姪っ子が猫を飼いたいと言い出して、友だちから茶トラの子猫を譲り受けそうになったことがあったのですが、その時は大阪に来ていた母(姪っ子の祖母)に反対されて断念。それで猫を飼うのは諦めたと思っていたのですが…。

唐突に姉から、身内だけのグループチャットに連絡が入りました。

かわいい☆☆☆

その一言とともに写真が送られてきました。

自分

え?

ヴェルちゃん

自分

え?

ウチのネコちゃま

自分

飼ったん?

そう(^^;)

自分

こうたんかい!

当時のやりとりより。
ちなみに猫を飼うことに反対していた母は…

にやにい〜〜〜〜〜〜〜
今度はニャンコ〜
やれやれ^^;
好きやなー^^;

「にやにい〜」てもうすでに猫しゃべりになっておるやないかーい。

私も会話からわかるように驚きしかなかったんですが、なかったんですがなかったんですが!
前の猫を飼うかも騒動のときから反対なんてしてないし、写真見たらそれはもうかわいくてかわいくてすでにメロメロで、早く会いたくてしょうがなかったのを覚えています。(9ヶ月ほど経った今でも、会いたくてたまらないし今すぐ会いたい)

そんなこんなで、姉の家に子猫がやってきたのにゃ〜。


なかしず
OTHER SNAPS